山畑古墳群 東大阪市立郷土博物館

博物館の周辺には、約1500年前頃につくられた山畑古墳群があります。

上は、昭和34年に旧枚岡市によってつくられた、高さ約1.23mの花崗岩製の石碑で、博物館の駐車場の南端にたっています。

 

山畑22号墳

山畑22号墳 東大阪市立郷土博物館

22号墳は、博物館の駐車場の北側にある双円墳です。墳丘のうち東側の円丘部分は、すでになくなっています。

残存する西側の墳丘には、横穴式石室が残っております。
石室の中からは、約1500年前の須恵器・鉄鏃・馬具などの副葬品がみつかっています。

これらの出土品の一部は、博物館内で展示しています。

 

山畑39号墳

山畑39号墳 東大阪市立郷土博物館

山畑39号墳 東大阪市立郷土博物館

39号墳は、22号墳のすぐ北にある小型の円墳です。石室の天井石は、残っていません。

右は、昭和48年の発掘調査時に撮影されたものです。石室は長さ4.7m・幅1.1mの無袖の形態で、床面に平らな石を敷き詰めていました。

本古墳は、石室内の出土遺物からみて約1600年前に造られた古墳と推定できます。

 

山畑40号墳

山畑40号墳 東大阪市立郷土博物館

40号墳は、22号墳のすぐ北にある直径約11mの小型の円墳です。石室の天井石は、残っていません。

横穴式石室は、長さ4.2m・幅1.1mの規模です。石室内からは、須恵器や鉄釘が出土しています。

山畑2号墳

山畑2号墳 東大阪市立郷土博物館

2号墳は、博物館の南約200mにある上円下方墳です。全長16.6mを測る横穴式石室は、市内で最大規模のものです。

明治時代にウイリアム・ゴーランドによって調査され、その記録があります。

出土遺物からみて山畑2号墳は、7世紀はじめ頃につくられたと推定できます。

山畑21号墳

山畑21号墳 東大阪市立郷土博物館

21号墳は、博物館の東約50mのハイキングコースぞいにあり、道路からも石室の出入口がみえています。

直径15mの円墳。長さ8.5mの横穴式石室からは、凝灰岩製の石棺片をはじめ、須恵器・鉄鏃などが出土しています。

 

山畑20号墳

山畑20号墳 東大阪市立郷土博物館

20号墳は、博物館の東約70mのハイキングコースぞいにあり、道路からも石室の出入口がみえています。

直径約10mの円墳。長さ3mの横穴式石室からは、鉄の武器がみつかっています。

山畑12号墳

山畑12号墳 東大阪市立郷土博物館

12号墳は、博物館の東約80mのハイキングコースぞいにあります。直径15mの円墳。石室の形態は両袖式で全長11.5mあります。

山畑48号墳

山畑48号墳 東大阪市立郷土博物館

48号墳は、博物館の南西約200mにある市立上四条小学校のなかにあります。

残存していた石室内からは、凝灰岩製の石棺や7世紀はじめ頃の馬具・大刀飾りなどがみつかっています。
写真は、昭和40年代の発掘調査をおこなった時のようすです。